Nature Tribe mc

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー負けてしまいましたね・・・

悔しいっす。

でも、僕は個人的にですが
心を奪われた選手が居たんです。

FW 大津祐樹。

世間では「チャラ男」と呼ばれてますね。

でも僕はそうは思えないんですよ
チャラ男だって?
あの日本代表で、一番「勝つ事」にこだわっていた選手だったと思います。

彼が少年時代のエピソードをテレビで観て以来
大津選手のファンになりました。



彼が得点した時の姿が印象的でした。

他の選手は、自分が得点した時はその場で感情を表すのに対して
大津選手が代表戦でゴールを決めた時は
真っ先にベンチの仲間の所まで全力で駆け寄り、監督に抱きつく。

あれを観ていて思いました。

1人で戦って居るのではなく・・・
裏方で頑張っている仲間。
訳あって試合に出られない仲間。
代表選抜から落ちた仲間。
サポーターからの期待。
そして、そんな人たちの思いと「日の丸」を背負って戦う意味。

「すげ~な・・・」って

韓国戦の後。
彼がピッチで天を仰いで涙した姿に胸が熱くなる。

学生時代スポーツに熱中した人ならきっと解るでしょう。
あのピッチに立つと言う事がどれだけ凄い事か。

才能だけでは絶対に立つことが許されない場所。
血の滲む様な努力と精神力。

何度も挫折を繰り返した、彼の涙は本物。


でもそんな彼らに奇麗事なんて要らないんでしょうね。
負ければ負け。

それ以上でも、それ以下でもない。
勝者と敗者。
スポーツの世界はその潔さが良い。

僕も弱小チームですが中高と同じスポーツをしてました。
本当に大して強くも無いチームでしたが・・・。
そんな僕等にも一応プライドは有った訳です。

試合だけ観に来た大人達が言う奇麗事。
「負けたって今まで頑張ってきた事は無駄じゃない!」
「試合に負けても、気持ちでは負けて無かったよ!」

正直メンドクサイ。
少しも心に届かない。

逆に毎日夏休みもなく一緒に練習してきた監督やコーチに
「そんな事も出来無ぇ~ならこの場所から出て行け!」とか
「勝った事は忘れても、負けたことは忘れるな!」などと言われた事は
未だに心に残ってるなー
言われた時は・・・
「このクソジジィ~いつかぶっ飛ばしてやる・・・」と思ってたけど
今は心から「アリガトウ」と言いたい。




正直オリンピック自体はあんまり観ていませんが・・・
男子サッカーや女子バレーボールを観ていて
かなり心を打たれました。

バレーボールの竹下選手や佐野選手の最後の姿にもやられたな。
後進に道を譲るのでしょうか?
スポーツ選手の潔さ。

政治家の「大先生」方にも見習って欲しいもんです。






今日も暑い。

お盆、いかがお過ごしでしょう?

毎日暑いっすね。
体調に気を付けてお過ごし下さい。



スポンサーサイト
最近テレビのCMで女の子が歌ってる曲

「蛇がダメ~ウナギもだめ~♪」
のフレーズが耳から離れない僕。

確かに。

僕も蛇はダメです


小さい頃は大体の生き物を手で掴めましたが
蛇だけはダメでした

蛇を見つけた時のその頃の僕は
猛ダッシュで逃げました。

きっと、50M走のタイムをその時計っていれば
間違いなく自己ベストのタイムだったでしょう

大人になった今でも決して得意では有りません。

でも、CMの歌では
うなぎもダメって・・・

うなぎなら大丈夫・・・って思った瞬間

そうだ、思い出す

それは少年時代。

当時、毎日の様に友達と川原に釣りに出掛けていました
木で出来た「鑑札」を道具箱にぶら下げて
その頃の地元の川原に棲む
お魚達の種類のほとんどは食べたりしました

そんなある日、突然思う・・・
「あ~っ・・・ウナギ・・・捕りてぇ」

そう思ったら
早速ウナギ漁です
色々やりました・・・
夕方川原に行ってみたり
早朝に行ってみたり


しかし・・・魚一匹取れない日々が続きます

そこで、コレはもう「穴釣り」しかない!
と言う結論にたどり着く

家に転がっていた竹とテグス&ウナギ針を持って
颯爽と川原へ

水中眼鏡が曇らない様に
もち草を潰してエキスをガラス部分に塗ります
これで立派な曇り止め!

後はウナギの居そうな穴を探すだけです

ここでミラクル
ウナギ発見!

早速、小魚を捕まえて針にセット
そして、いきなり食いつくウナギ

一気にウナギを巣から引き抜く僕。


テグスにくっ付いて来る、長いウナギ

わぁ・・・蛇みたい・・・


無理っ!


軽くパニック

釣っておいてそれは無いですね・・・
ウナギさんゴメンナサイ。


そう、ウナギもダメ。


あっ・・・
食べるのは好きです


でも、今思えば
あの頃の川は綺麗で
僕らも夏休み、毎日の様に友達と川原に泳ぎに行きました

岩から飛び込んだり、自分で捕った魚さばいて食べたり
時には怪我して血まみれになりながらも・・・

未だに僕の左手には、その時の傷跡が残っています

しかし、よく当時の大人達は子供だけで
川原で遊ぶ事を許してくれたものだと関心します

でも、そこには
「上級生が下級生の面倒を見る」と言う事が
当たり前の様に有った気もします

何だかんだ言いながら
下級生にカッコ付ける「イケテル上級生」。
その上級生をみて「スゲ~ッ!」と思う下級生。
そして
「よし!俺もやってみよう!」と思う下級生。

「お前にはまだ早い!」
「こっから飛び込めるのは5年生以上から」と上級生。

そんなやり取りがあったな~

まぁ、子供の数も多かったしな・・・


おっと・・・思い出話しに花が咲きそうになりました

でも、まぁ
今の川原は昔と変わって危険もいっぱいです

ゲリラ豪雨で急に水かさが増したりも有るようです

今では
子供達だけで川遊びはとても危険ですね
必ず大人と一緒に遊んだ方が良いでしょう


まだ、あの場所ウナギ居るのかな?
不意に気になったりする・・・

つ~か、あそこ蛇も居るんだよな・・・

蛇は泳ぐので・・・最強だ。

それはもう・・・ごめんなさい。
春の甲子園

東北高校は残念ながら

敗れてしまいましたね・・・


しかし、彼らの勇士は目に焼き付けました

最後のバッターが全力でヘッドスライディングした時

高校生らしい全力のプレーに胸が熱くなりました

相手チームの大垣日大も「スポーツマンの礼」として

全力プレーを見せてくれました

素晴らしい

東北高校もそれを望んで居たはずですからね


他の高校球児達にも感心させられます

開会式での選手宣誓も

あんなに聞き入った宣誓は初めてでした


それに比べて・・・

あきれる位の事でもめている

プロの世界にも見習って欲しい

いい大人達が揃って情けない・・・


何となく元気が出ない・・・日本

そんな状況の中

東北高校の選手達に何か学んだ気がします

高校生の純粋で繊細なスポーツの力ですね


でも、プロでも負けてない人達も居ます


本日もサッカーをテレビでやっていましたね

日本代表とJリーグ選抜

チャリティーマッチ

前半でフリーキックを決めた

日本代表の遠藤選手は言っていた

「今日の自分達の試合を観て・・・」

「明日、被災地で一人でもボールを蹴っている子供が居たとしたら・・・」

「それほど嬉しい事は無いんです」と



凄いな・・・サッカーの力って・・・

僕はサッカーはたまに観るだけですが・・・

それでも

スポーツの力を信じてます


しかしキングカズ!

やっぱ凄いんだな・・・

子供達だけでは無く、被災地の大人達にも

ああ言う想いが届けば良いなと思いながら観てました


あのシュートが決まった後の会場の一体感の中

少しだけ喜んで

そしてその後は、まるで何事も無かったかの様に

少しうつむいて走る横顔に・・・

虚仮威しや気負いは、まるで無く

ただそこに有るがままにして居て

自分に出来る事を精一杯している男らしさを感じました。

選手一人一人の気持ちも

しっかり伝わったと思います


僕らも出来る事を確実にして行きたいですね



話は変わリますが・・・先日

中央群馬脳神経外科病院の募金箱設置にともない

ネイチャートライブとしても

何か手伝える事は無いかな・・・と言う事で

募金箱の寄贈と言う形でお手伝いさせて頂きました

詳しくは下仁田番長のブログ内で紹介されています

お近くに行く用事が有ったら是非寄ってみて下さい!


中央群馬脳神経外科病院
群馬県高崎市中尾町64-1
最近の話

ゴロゴロ寝転んでいる時

ちょっと伸びをしてみると・・・

見事に足がツル。


「これは、ヤバイな」

「完全に運動不足だ・・・」と思い

早速、スポーツ用品の売り場に向かい

そして、適当な運動靴を買ってみる。


どうして、いきなりこんな話をするかと言うと


ずっと「運動はしなきゃな」とは思ってたんです

でも、何となくだらだら過ごしていると・・・

気が付けば時は過ぎて行く。


筋トレに関しても「やらなきゃな~」と思っていました

しかし、元々少しやせ気味だった僕は・・・

「どうせ筋トレするなら・・・」

「もう少し肉つけてから筋トレしたいな」と

だらだら先延ばし・・・


しかし、最近のだらけた生活のおかげ?で

この前、体重計に乗ってみると

なんと・・・

一番やせていた時に比べて4キロ位の増量!

軽く焦る。

「でも・・・まぁ結果オーライって考える事にします」

「でもこのまま放って置くとマズイな・・・」と思い

早速、行動に移す事にしました

無理しない程度に・・・


そこで本日は軽めのジョギングから始めてみる。

毎日続けるのは大変なので・・・

出来る時に出来るだけ・・・

そんな甘ったれの感じ満点の中走り出す。

「最初から調子に乗ると何だかヤバイ気がする」と感じ

1.5キロ位走った所で止めて置く

それでも結構効きました

「情けね・・・」と多少落ち込む。


でも、たまに走るってのも良いもんだと気付く。


そして、その後

家に戻り物置をアサル

これを探す為・・・
20110327202749.jpg
腹筋マシーン!

このまま腹筋を鍛えないと・・・

胸板よりお腹が出て来そうな気がしたので

急いで探しだす

しかし・・・

久しぶりに見たな・・・

ホコリまみれのコイツをまずは水拭き

「よし!キレイになったな」

「今日の所はこれ位にしといてやるかっ!?」




・・・大丈夫か?俺・・・


まぁ・・・

マイペースで進めて行こうと思います


何時まで続くかな・・・?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。