FC2ブログ

Nature Tribe mc

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツーリング中の雨

バイクに乗る人なら

一度はあの悲劇に遭遇した人も多いでしょう・・・。


僕たちは、なぜか長野方面へツーリングに行くと

雨に降られることが多い気がします。



想像してみてください。

あなたは今バイクで走っています。

そんなに快晴と言う訳ではないけれど。

雨は降っていません。

そしてトンネルへ入ります。

トンネルの中では・・・

「~君のバイクはトンネルの中だと音がウルサイョ」とか

「早くトンネル出たいなぁ」とか

「・・・鼻歌でも歌いますか・・・」とか

心の中でつぶやいて

天気の心配なんて一切していません。

しばらく走ると、やっと出口が見えてきます。

そこで初めて気付くのです。


ドシャ降り・・・


それは、まだトンネルの中からも確認出来ます。

あれは、紛れもなく・・・ドシャ降りです。

そして、僕たちは途方に暮れます。

まだトンネルの中で濡れてないのですが、そこは交通量の多い一般道。

「トンネルから出たくない」というわがままは事故のもとです。

あの雨の中に勇敢に挑むしかありません。


しかし・・・勝てる訳ありません。確実に濡れます。


濡れるだけなら良いですが、防水機能のついていない携帯電話は・・・

雨の中ではでは無力です。


それに加えて、普通バイクには付いているフロントフェンダー(泥よけ)が

色んな理由で付いていない場合・・・    

あれは悲惨です。


 雨 + 自分の車輪が路面から巻き上げた水が顔に直撃 = 息が出来ない。


半分・・・溺れます。

口の中に砂が入ってジャリジャリします。


今では、すべてのバイクメーカさんがタイヤにフェンダーを付ける理由は・・・

そう必要だからです。




失ってはじめて気付く物の大切さ。

ガレージで静かに眠る僕のフェンダー君・・・

邪魔にしてごめん。 今度は一緒に走ろうね。

そう思う事数回・・・

いまだにガレージの奥で眠っています・・・

ごめんなさい。


皆さん。ツーリング時にはカッパをご用意下さい。

img014_convert_20100627205439.jpg

写真。

やっぱりみんなで雨に降られた帰り道・・・

このときは、なぜか僕はクルマ。

なんか裏切った気分になりました・・・
スポンサーサイト
トラックバック URL
http://naturetribe.blog134.fc2.com/tb.php/13-ebec7a4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。